看護師のバイトには様々な種類があります

看護師のアルバイトは普通のアルバイトと比べて、給料が高めになっているのでもっと収入が欲しい人にはおすすめです。
しかし病院によっては規定で副業を禁止している所もありますので、バイトを探す場合は、自分が働いている職場の規定を確認してからにしましょう。

≫看護師のバイトを探す。

看護師さんの多くが今のお給料に不満持っているそうで、アルバイトは大事な収入源になります。現在、勤務している病院でお給料が上がらないから、アルバイトで稼ごうという考えになるそうです。
私の周りで現役の看護師さんの約3分の1以上の人が働きながらアルバイトを経験したことがあるそうです。

看護師のおすすめアルバイト

私が過去にやったことのあるバイトは健康診断のバイトです。仕事の内容は採血や心電図などを担当しました。

その他には介護施設の夜勤やコンサートやスポーツ大会での看護業務を行う『イベントナース』
健康診断以外の病棟の日勤、修学旅行や一般の団体旅行に同行する『ツアーナース』、病棟の垣根を越えて様々な病院で働く『リリーフナース』など、一言で看護師が出来るアルバイトと言っても様々な種類があります。

私の友人がやっていたバイトは介護施設での夜勤バイトです。介護施設の夜勤は入所している人の急変と言った緊急事態はほぼありませんし、看護師は介護士さんのお手伝い程度の業務が多いので看護師のアルバイトとしては人気のようです。

友人曰く「今は看護師としての経験を積んでから、ゆくゆくは慢性期の看護や老人介護の職に就きたい。介護施設でのバイトは、副業というだけでなく勉強の場にもなっている」そうです。


気になる看護師のバイト代

看護師のバイトと一言で言っても様々な種類がありますが、やはり気になるのはお給料ですよね。
ごくごく普通のアルバイトだと都心で平均約1700円、地方になると平均約1500円くらいになっています。

イベントナースやツアーナースなどの単発系バイトについては半日待機で約8,000円と少し高額になっています。

≫看護師のアルバイトを探す