即日バイトは高校生歓迎!?

>>高校生OKのバイトを今すぐチェック

1

head


カフェ・ファストフードなどのフード系アルバイトレジ・カウンタースタッフが高校生に人気のアルバイトです。高校時代のアルバイトは実社会を早くに体験出来るまたとないチャンス!ただし、学業に影響のない範囲でバイトを見つけて高校生活を楽しんでください。

>>高校生歓迎のバイトをチェック


高校生歓迎のアルバイトで今のうちから卒業旅行の資金集めをしよう!

私が高校生の頃、初めてのバイトが年賀状の仕分けでした。
通っていた高校がバイト禁止だったのですが、郵便局のバイトだけは特別に許されていました。

進路が決まっていた高3の冬休み、卒業旅行の旅費代を稼ぐために友達と一丸となって励んだことが昨日のように覚えています。
郵便局のバイトは早朝、日勤、夜勤、深夜勤の細かく時間帯に分かれていた仕分けの仕事と、配達の仕事に分かれていました。

配達と仕分けの時給も細かく分かれていて早朝と深夜勤のバイトが時給が高くて、人気でした。しかし高校生は深夜勤での就業は禁止されていて、早朝と日勤のシフトが多かったです。
私は日勤の9時から14時までの4時間勤務で2週間の仕分けの仕事。年賀状の送り先の住所をみて、配達区分に分けていくのが一苦労。目で追う作業なので目が疲れるし、目薬はつねにポケットにいれていました。

郵便局によっては職員が差し入れにドーナツやハンバーガーを買ってきてくれたりして和気あいあいなムード。
短大卒業をしたら公務員になることを目標にしている人達と試験について語りあったりと楽しく、職場体験をさせてもらいました。

公務員試験に落ちて一般企業に就職することは考えていませんでした、郵便局で働きたいと諦めきれなかったので、郵便局の長期バイトに就くことができて、民営化になる5年間勤務しました。
これは高校時代に年賀状の仕分けのバイトをしていたおかげ。郵便局は実績があるかないかでバイトの採用を決めること決定打になることがあります。
1度、年賀状の仕分けのバイトを経験しておくと、あとあと役に立つこともあると思うんです。

参議院、衆議院選挙に伴う選挙関連の郵便物の仕分けのバイトの募集も優先的に採用されるからです。
当時は民営化前だったので、民営化後の時給も当時と異なっていると思いますが、高校生にとって2週間で3万円のお給料は高いのではないでしょうか。

>>高校生OKのバイトを今すぐチェック