即日のバイトで交通費支給はありがたいものです。


1

money


遠方に通っている方におすすめです。

>>交通費支給のバイトをチェック


交通費が支給されるアルバイトはとてもありがたいものです。

交通支給ってこんなにありがたいものなのか。正社員時代は当たり前だと思った交通費支給。しかし、派遣社員になってからは交通費が支給されないのはとても辛い。

リーマンショックで会社が倒産してから5年、派遣スタッフとしてなんとか生活しています。趣味の雑貨屋めぐりが好きからか、副業で雑貨の屋外イベントの販売員としてバイトをしています。
交通費支給なので、隣の県で開催された北欧の雑貨イベントのスタッフとして、期間中の土日祝日だけですが、好きな雑貨な囲まれて楽しいのは楽しい。しかし、季節は12月です。

防寒対策としてカイロは体中に貼りまくり、ヒートテックの服を重ね着ぐらいしないと仕事になりません。
靴はスノーブーツと足から冷えてくるので仕事が終わる頃には、足の感覚がありません。

しかし、お客さんも同じ、スタッフも同じ環境にいるので、妙な団結感が芽生えたりすることがあります。
とある人は焼き芋を買ってきてくれてスタッフに食べてくれ。と渡してくれたり、移動販売のあったかいスープを差し入れに持ってきてくれたりと、人と人の優しさを感じられるバイトでもあります。

土日の2日間、6時間の勤務でしたが、室内で働くのと野外で働くのと疲れが全く違うと感じました。野外のバイトは、人間関係のしがらみがありません。
仲間意識が強くなり1人、1人の持分の仕事に責任があります。責任を持ちたくない人にはオススメできないですね。
足をひっぱるとイベント自体が失敗するからです。

>>交通費支給のバイトを今すぐチェック